保険に加入して自分自身の未来に保険をかけておく【未来に託す】

insurance

自分にマッチするもの

company insurance

保険は自分の身に何かが起こった時に大事になるものです。男性に較べて女性は女性にしかならない病気なども多いので、保険に加入しておくことで万が一の事態に備えることができます。

Read More

もしものために

その時は突然訪れます

company insurance

ガンの罹患数は年々増え、女性特有とされる乳ガンにおいては近年、毎年8万人を超える人が新たに乳ガンと診断されているのをご存じでしょうか。この数はいつ自分が発症してもおかしくない数字であるといえます。 また乳ガンは早期発見で治る確率の高いものだと言われていますが、実際に告知されたとしたらどうでしょうか。受け入れるまでにかなりの時間を要し、誰もがそれぞれの覚悟を決めることでしょう。 先日わたしも、右乳に授乳期のような張りを感じ、乳房に痛みを感じるようになりました。三人の子供を母乳で育てたのですが、一番下の子供の卒乳から二年が経つのでさすがにおかしいと、触診をしたところ、しこりを発見したのです。一番最初に浮かんだのは子供たちの顔で、今までに感じたことのない不安に襲われました。それから病院を探して行くまでの数日間は、最悪の場合も考えて、今入っている保険内容を調べたり、手術が必要ならどの病院がいいのかなど、一日中携帯で調べていたのを思い出します。 この不安の中で唯一安心したことは、保険に入っていたことで、辞めようと悩んでいたこともあったのですが、辞めなくて良かったと実感していました。

保険の相談ができます

その後病院へ行き、マンモグラフィに超音波、組織検査までして貰ったのですが、結果は良性ということでした。しかし今回のことで、いつ自分が病気になるか分からないということを実感し、保険を見直すことにしたのです。 そこでずっと気になっていた、保険の相談窓口へ行きました。どこの保険会社にも属さないファイナンシャルプランナーの資格を持った人たちが、その人に合った商品を見つけてくれるところです。 保険といってもたくさんの種類があり、女性の保険といった商品もよく目にするようになりましたが、正直違いがよく分かりません。女性特有の病気に特化した保険であるというのは分かるのですが、そこまでです。しかし保険の相談に行くと、その人に合った商品を見極めて、いくつかの候補にまで絞って貰えます。そこから相談の上、決めていくのです。女性の保険に入るのがいいと思っていたのですが、相談の結果、私には男女兼用の商品がいいということになりました。

お得に加入する

company insurance

女性の保険相談は定期的に行うことをおすすめします。年齢を重ねたり、私生活に変化が見えるとプランなども変更したほうがよいこともあります。そして、おとくに申し込みをするには商品券などをもらえたりなどのサービス内容もチェックしておくと良いでしょう。

Read More

女性の保険相談

company insurance

生命保険は日本国内で90%以上の人が加入をしているのですが、そのほとんどが自分に合っていない保険を選択してしまっています。FPに相談をすることで最適な商品選択ができます。また、女性は自宅相談がおすすめです。

Read More